こちらのブログへ11月からお引越し。 旧ブログはこちらに→旧ブログ

2011年07月04日

「ウィンブルドン2011決勝」


新しい幕が上がりましたね。

2011-07-04 00.52.43s1-.jpg

ほぼ1ヶ月前の全仏オープンテニスでシーズン開幕からの連勝を41で止められてしまいましたが、フェデラーとナダルの2強時代を崩し、ウィンブルドンで初優勝です。

いや〜。いい試合でした。

歴史的瞬間をリアルタイムで見られた事に大満足。

ナダル派の私なので勿論、応援はナダルでしたが、ウィンブルドンで、ジョコビッチにそろそろ勝ってもらいたいという気持ちも芽生えていましたww

震災後、サッカーチャリティの音頭もジョコビッチ選手でしたし、全仏のチャリティではDJしてまで盛り上げ役にという情報の影響もあったのかもしれませんが、ジョコビッチのプレーに惹かれ、そしてしびれました。

雑誌「Number」は「時代を変える新スパイダーマン」と銘打ってこの歴史的瞬間をウィンブルドン前に予言。

僕は決勝後にこの意味をちゃんと理解しました。

今までジョコビッチの試合をあまり見たことがなかったのですが、ナダルのストロークが蜘蛛の糸に徐々にひっかかって行き、もの凄い角度があるコンパクトなストロークでポイントを重ねていくスタイル。

2セット目まではジョコビッチの完璧なテニスでした。

ナダルがここまで負けているのはほとんど見たことがないくらいでした。

それでも3セット目はその蜘蛛の糸を破るストロークでジョコビッチを圧倒。

この3セット目はナダルファンにとっては理想の戦いだったんじゃないかなー。

3セット終了後のNHKのニュース中断には参りましたが、4セット目の前半はブレイクゲーム1つずつで、内容はお互いの良い所が沢山見れましたが少しずつですが、蜘蛛の糸が増えていき、ナダルをしとめていくテニス。

この4セット目後半のジョコビッチのプレーは本当に好きだなあ。

無理せずにエースではなくて1本1本ずつ攻めていく感じが。

フェデラーの淡々ともの凄いプレーするのでもなく、ナダルの情熱向きだしのありえないプレーでもなく、ジョコビッチの普通にしとめるスタイル。

また、楽しみな物語が誕生しそうな予感です。

2011-07-04 00.46.10s1-.jpg

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加してます。
上のバーを1つずつクリックしてくれるとポイントがはいるのです^^;
15-0 ☆
30-0 ☆☆
40-0 ☆☆☆
GAME!☆☆☆☆
posted by LET at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。